子供の名前の時代変遷と効果|実はすごく奥が深い占いだった!姓名判断を解説!

水晶玉

子供の名前の時代変遷と効果

サイコロ

平安時代や鎌倉時代など元号などで時代が変わりますが、名前の変遷にも大きな時代の変化があります。例えば、男の子の場合、大正12年から昭和12年までの代表的なものは「清」です。清く生きるという当時の道徳観から「清」という名前をつける人が非常に多かったです。次に戦争が盛んであった、昭和13年〜昭和20年の間には、「勝」「勇」などの戦時色が強い漢字が使われ、子供に名付けられるのが代表的でした。このように、時代背景によって子供の名前が変化していることがわかります。平成の時代になってからは大自然を連想させる言葉を名前にするケースが多く、「翼」「海」「樹」などの漢字や、「翔」という漢字を組み合わせて、「翔大」「大翔」という名前が人気を集めています。

子供の名前を工夫することで得られるメリットは、特別な場合に裁判の手続きなどを経て変更する場合などもありますが、1度決められたら永遠に名前は付き合って行くものです。親からの最初のプレゼントと言うことが出来ますので、親の特別な気持ちなどを子供の名前に挿入することで、永遠にメッセージを送り続ける事ができます。例えば、丈夫な体に育って欲しいや、高い志を持って欲しいため、子供に「剛志」という名前をつけた場合はふとした時に自分を鑑みて、高い志を持ち社会の為にきちんと行動できているか考えるかもしれません。名前の意味一つで子供を大きく成長させることも出来ますし、親との永遠のつながりとして大切にしてくれる人もいるので、子供にとってはかけがえのないものとなります。